現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

取扱い店舗一覧

エコロロについて

メディア
新作アイテム
メンバー登録
Facebook

モバイル

「ecololo」はゆっくりと、一歩づつ、やさしさいっぱいの素材でかわいいパートナーとの生活を提案していきます。

日常のケア・病気・術後のサポートも考慮したアイテムをたくさん揃えてNEWブランド「ecololo」の始まりです。

家族の一員である愛犬(ペット)を優しくサポート。

日頃わたしたちを和ませてくれる愛犬。

いつまでもコドモのままでいてくれれば…。そんな事を願っていても愛犬は私達より早いスピードで歳を重ねていくのです。

そんな愛犬に私達がしてあげられる事はいくつあるでしょう?家族の一員である愛犬、歳を重ねてからも優しく、楽しく暮らす為に私達は考えました。


オーガニックコットンとは?

オーガニックコットン。それは、地球環境も考えた綿素材。優しさがたくさん詰まっているから触れたい、使いたい。人にも、犬にも、素材からこだわった愛犬サポート用品を御紹介致します。


オーガニックコットンと通常のコットンの違い

 

オーガニックコットン

通常のコットン

土壌

土壌の肥料には、牛糞や堆肥などの有機成分を使用します。

土壌を殺菌し、除草剤や化学肥料を使用します。

雑草

耕耘機で土を掘り起こし、雑草を土に埋めます。

除草剤を散布して雑草を枯らします。

害虫

殺虫剤の代わりにテントウムシなどの天敵で害虫の発生を抑えます。

強い殺虫剤を散布します。

収穫

霜が降り、葉が自然に落ちるのを待ってから収穫します。

落ち葉剤を散布し、人為的に葉を落として収穫します。

紡績・織・編

紡績等を行うに当たってはワックスや分解されやすいデンプンを主体に使います。

パラフィン、合成ワックスや分解されにくい化学合成糊をたくさん使います。

染色・仕上げ

染料は厳しく制限されていて、皮膚を刺激するカオチン系柔軟剤も使用禁止です。ホルマリンの発生源となる薬品は使いません。

苛性ソーダ、硫酸、塩素系漂白剤など、地球環境に負荷をかける薬品をたくさん使います。重金属を含んだ薬品が使われることもあります。


オーガニックコットン製品とは?

オーガニックコットン(有機栽培綿)とは、3年間農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で、農薬や化学肥料を使わないで生産された綿花のことです。

栽培に使われる農薬・肥料については厳格な基準が設けられており、認証機関が実地検査を行っています。紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て、最終製品となります。

この製造全工程を通じて、化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニックコットン製品といいます。


実際のオーガニックコットンを使用した素材見本

パイル生地

ガーゼ生地

ニット生地

パイル生地

ガーゼ生地

ニット生地